苦茶油(椿油)は、苦茶(つばき)の種を搾った後に得られる貴重な油です。古来より馴染みのある油で、女性の産褥時に、また胃が悪い人向けの健康的な食用油として用いられてきました。


皮膚や胃の消化管粘膜の修復効果、食欲増進・促進、美容効果、高い栄養価があります。西太后と宋美齢がスキンケアに用いた上質の油です。 苦茶油(椿油)は西洋のオリーブオイルとも言われ、苦茶油(椿油)はオリーブオイルよりも扱いやすい油です。苦茶油(椿油)は非常に発煙点が高く揚げ物に最適。煮物、炒め物、サラダなどさまざまな料理に適しています。 健康と美食に重点を置く現代人にとって、毎日利用できる食用油といえます。



苦茶油(椿油)はハーブの香りを持つ植物油で、その色は淡い琥珀の緑色で、苦茶(椿)の種子を搾った油。熱による変質を防ぐため伝統的な油圧法を用いたコールドプレス法により製造されます。一般的なお茶を作る茶葉の種子から作られた油ではありません。